防災設備のお問い合わせはこちら

火災2020.07.07

危険物施設における消火設備の設置基準!!

危険物施設では、多種多様な危険物を取り扱っています。消火設備も、危険物の特性にあわして第1種~第5種の消火設備が区分けされており、水系消火設備、ガス系消火設備、粉末消火設備、泡消火設備などが、消防法第10条ならびに危険物政令、危険物規則等により定められております。

SHARE

  • twittertwitter
  • facebookfacebook

消火設備の種類(危険物規則32条関係)

危険物施設の消火設備は、第1種~第5種の消火設備に分別され、下記の通り種類分けされております。

種類設備名
第1種消火設備屋内消火栓

屋外消火栓

第2種消火設備スプリンクラー設備
第3種消火設備水噴霧消火設備

泡消火設備

二酸化炭素消火設備

ハロゲン化物消火設備

粉末消火設備

水蒸気消火設備

第4種消火設備大型消火器
第5種消火設備小型消火器

第4種消火設備・第5種消火設備は、危険物施設における消火器の設置基準!!に記載。

消火設備の適応性(危険物政令第20条関係)

消火設備は、建築物・危険物に応じて対応が分かれています。 消火設備の適応性を確認の上、適切な消火設備の選定を行ってください。
消火設備の適応基準

危険物施設別 第1種~第3種消火設備の設置基準

危険物施設では、Ⅰ 著しく消火困難な製造所等及びその消火設備・Ⅱ 消火困難な製造所およびその消火設備・Ⅲ その他の製造所等の消火設備に分類されており、危険性に応じて消火設備が決められています。

危険物消火設備の設置基準

危険物消火設備の選定

例)危険物施設・・製造所
区分は著しく消火困難な製造所等
危険物は第4類の液体危険物を取り扱っています。

1)危険物消火設備の設置基準より 第1種~第3種の消火設備が該当となります。(第4種、第5種の消火器は別途設置必要)
2)消火設備の適応性より、第3種の消火設備が選択されます
3)第3種消火設備の種類から選択することとなります。

特に 泡消火設備、二酸化炭素消火設備、ハロン1301消火設備、粉末消火設備が多く設置されています。火災の煙が充満するかどうかも、消火活動考慮する必要があり、消火設備の選択の大事な要因といなります
それぞれの消火設備には一長一短があり、安全・環境・二次被害などを考慮しながら消火設備を選択することとなります

関連記事リンク

危険物施設における消火器・消火設備の点検基準について 

工場火災を未然に防ぐ火災発生リスク無料診断サービスのおすすめ

塗装設備への最適消火器はこれだ!

 

 

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter

CONTACT身の回りの防災対策
防災のプロ
任せてみませんか?

ボーサイナビットでは、あらゆる場所のリスクに対して当社の持つノウハウから
ベストな解決策をご提案します。ぜひともお気軽にご相談ください。