防災設備のお問い合わせはこちら

火災2024.05.27

工場の安全対策とは?重要視されている理由と今すぐ取り入れるべき対策を紹介!

工場ではさまざまな機械、作業者が稼働しており、事故が起こりやすい環境のため、どの工場でも安全対策は万全でないといけません。本記事では、工場でよく起こる事故やその原因、そして今すぐ取り入れるべき安全対策、安全対策の実施に際して意識すべきポイントについて紹介していきます。工場の安全対策を強化し、安全な作業環境の確保に向けて考えていきましょう。

SHARE

  • twittertwitter
  • facebookfacebook

なぜ工場の安全対策は重要視されているのか

工場の安全対策が重要視される理由は、何よりも作業者の生命と健康を守るためです。工場内では、重機械の操作、化学物質の取り扱い、高所作業など、多くの危険が常に存在します。これらのリスクを適切に管理しない場合、作業者が事故に遭遇する可能性が高まります。さらに、事故が発生すれば、それによる生産の停止や設備の損傷、法的責任など、企業にとっても大きな損失となります。そのため、事故を未然に防ぐための安全対策は、人的資源を保護すると同時に、企業の持続可能な運営を支える基盤となるのです。

工場でよく起こる事故

工場でよく起こる事故とは何か。ここでは4つの事故について紹介していきます。

はさまれ・巻き込まれ

工場で発生する事故の中でも、特に多いのが「はさまれ・巻き込まれ」事故です。これは、作業者が機械の動く部分や物と物の間に体の一部を挟まれたり、衣服などが巻き込まれたりすることによって発生します。このタイプの事故は、重大な怪我につながることが多く、場合によっては命に関わる事態にもなりかねません。そのため、機械の安全装置の確認や、作業中の注意喚起、適切な保護具の着用が非常に重要です。また、作業者自身が機械の動作原理や危険性を理解し、常に警戒心を持って作業に臨むことが求められます。

転倒

工場での作業中に起こりがちな事故の一つに「転倒」があります。床面の滑りやすさ、作業環境の乱雑さ、不適切な足元の状態などが主な原因です。特に油や水が床面にこぼれた状態で作業を行うと、滑って転倒するリスクが高まります。また、床面に散乱している工具や材料が転倒事故を引き起こすことも少なくありません。これを防ぐためには、作業エリアの清掃を徹底し、すべり止めのマットの使用や適切な履物の選定が重要です。さらに、作業員が常に周囲の環境を意識し、足元を確認しながら移動することも事故防止に繋がります。

墜落・転落

墜落・転落事故は、工場内での作業中に非常に危険な事故とされています。これは、高所作業の際に安全措置が不十分である場合や、床面の滑りやすさ、障害物の存在によって発生しやすいです。特に、足場の不安定な環境や、保護装備の不備が原因で、作業員が高い位置から落下する事故が報告されています。これらの事故を防ぐためには、作業前の安全確認、適切な保護具の使用、そして作業環境の整備が必要です。また、作業員自身が自己の安全に対する意識を高めることも重要です。安全な作業環境を確保するために、これらの対策を徹底することが求められます。

切れ・こすれ

工場での作業中には、「切れ・こすれ」による事故も少なくありません。これは、作業者が機械や工具、材料等の鋭利な部分に接触してしまうことで発生します。特に金属加工や木材加工の現場では、切断や研磨作業が行われるため、この種のリスクが高まります。事故を防ぐためには、適切な保護具の着用が必須です。例えば、耐切創性の高い手袋やアームカバー、保護眼鏡を着用することが挙げられます。また、作業者が安全な方法で機械を操作できるよう、定期的な安全教育と訓練を実施することも重要です。これにより、作業者自身が危険を認識し、事故を未然に防ぐ行動をとることが可能になります。

工場で事故が起こる原因とは

工場で事故が起こる原因は多岐にわたりますが、主に人的要因、機械的要因、環境的要因の三つに大別されます。人的要因とは、作業員の疲労や注意散漫、訓練不足などが含まれます。これらは、作業員が安全規則を遵守しないことや、危険を認識できていないことにより事故につながることがあります。機械的要因には、機械の故障や不適切なメンテナンス、設計の欠陥があります。これらは、機械が予期せぬ動作をすることで作業員が危険にさらされる原因となります。環境的要因としては、作業場の滑りやすい床、照明の不足、騒音などがあり、これらの環境は作業員の作業能力を低下させ、事故を引き起こすリスクを高めます。これらの原因を理解し、適切な対策を講じることが、工場の安全性を高めるためには不可欠です。

工場で取り入れるべき安全対策とは

工場での安全対策は、作業者の安全を確保し、生産性を高めるために不可欠であります。ここでは、5つの方法を紹介していきます。

5Sの徹底

工場での安全対策を強化するためには、「5S」の徹底が非常に重要です。「5S」とは、整理(Seiri)、整頓(Seiton)、清掃(Seiso)、清潔(Seiketsu)、躾(Shitsuke)の5つのSから成る日本発祥の作業場管理方法です。これらを徹底することで、作業場が常に整理整頓され、必要な物がすぐに見つかり、作業効率が向上します。また、清掃を常に行うことで、異物による事故のリスクを減らし、清潔な環境を保つことができます。さらに、躾を通じて作業者自身が自己管理を徹底し、安全意識を高めることができるのです。

ヒヤリハットの共有

工場での作業中には、予期せぬ危険や事故が発生する可能性が常にあります。そのため、事故を未然に防ぐために「ヒヤリハットの共有」が非常に重要です。ヒヤリハットとは、事故に至らなかったものの、もし少し状況が異なっていたら大きな事故につながりかねないと感じる状況のことを指します。このヒヤリハットを共有することで、同様の危険を未然に防ぎ、安全な作業環境を作り出すことが可能です。

KYTの実施

KYT(危険予知トレーニング)は、作業者が自身の作業に潜む危険を事前に予知し、事故を未然に防ぐためのトレーニングです。このトレーニングは、作業者が日常的に行う作業プロセスを詳細に分析し、どの段階でどのような危険が発生する可能性があるかを洗い出します。そして、それぞれの危険に対して具体的な対策を考え、実施することが求められます。KYTは、特に新規作業者や作業内容が変更された際には必須とされ、全員が危険を共有し、互いに注意を促す文化を作り上げることが重要です。

報連相の徹底

報連相の徹底は、工場内での事故防止策として非常に重要です。これは、作業中の異常や事故、ヒヤリハット(危険を感じた瞬間のこと)を速やかに上司や同僚に報告し、連絡を取り合い、相談することを指します。このプロセスを徹底することで、同じような問題が再発するのを防ぎ、他の作業者が同じ危険に晒されることを避けることができます。報連相を効果的に行うためには、全員が安全に対する意識を持ち、情報をオープンに共有する文化が根付くことが必要です。

作業手順書の作成

作業手順書の作成は、工場での安全対策を強化する上で非常に重要な要素です。作業手順書には、各作業のステップごとの詳細な手順、使用する機械や工具、必要な安全装備、そしてそれらを使用する際の注意点が記載されています。これにより、作業者が正確かつ安全に作業を行うためのガイドラインが提供され、事故のリスクを大幅に低減することができます。また、新人教育や作業者のスキルアップにも役立ち、一貫性のある作業品質を保つためにも欠かせません。作業手順書は定期的に見直しを行い、最新の安全基準や作業環境の変化に合わせて更新することが推奨されます。

機械や設備の定期メンテナンス

機械や設備の定期メンテナンスは、工場の安全対策において非常に重要な要素です。定期的なメンテナンスを行うことで、機械の故障を未然に防ぎ、事故のリスクを大幅に減少させることができます。具体的には、機械の摩耗部分のチェックや、油圧システムの漏れの確認、電気系統の安全検査などが含まれます。これらのメンテナンス作業を定期的に行うことで、機械が正常に機能し続けることを保証し、作業者の安全を守ることができます。また、定期メンテナンスは機械の寿命を延ばす効果もあり、長期的なコスト削減にもつながります。

消防設備のメンテナンスについては、初田製作所へご相談ください。

安全対策を実施する上で注意すべきポイント

工場での安全対策を実施する際には、いくつかの重要なポイントがあります。まず、全ての従業員が安全対策の重要性を理解し、それを日常的に実践する文化を作ることが必要です。安全教育を定期的に行い、新しい従業員に対しても徹底したオリエンテーションを提供することが重要です。また、安全対策のプロセスを継続的に見直し、改善することも欠かせません。事故が発生した際には、その原因を徹底的に分析し、同様の事故を防ぐための対策を講じる必要があります。

安全対策強化に「火災発生リスク簡易無料診断サービス」

工場の安全対策を考える上で、火災は特に警戒すべきリスクの一つです。多くの工場では、火災による大きな損害や人的被害を防ぐため、さまざまな予防策が講じられています。また、事前に予測不可能な火災リスクを未然に防ぐためには、現状の火災リスクを把握する必要があります。現状の火災リスクを把握するのであれば弊社が提供している「火災発生リスク簡易無料診断サービス」がおすすめです。本サービスは、工場の現場環境や作業内容を基に、火災リスクを評価し、その結果をもとに具体的な改善提案を行います。無料で利用できるため、コストを気にせずに安全対策の一環として試すことが可能です。火災リスクを洗い出すことにより、未然に災害を防ぐことができるため、安全な職場環境の構築に大きく貢献するでしょう。

「火災発生リスク簡易無料診断サービス」について、詳しくはこちらをご覧ください。

まとめ 

工場での安全対策は事故を防ぎ、作業者の安全を確保するために非常に重要です。当記事で紹介した事故の種類やその原因を理解し、適切な対策を講じることが必要です。5Sの徹底やヒヤリハットの共有、KYTの実施など、具体的な対策を実行することで、事故のリスクを大幅に減少させることが可能です。また、機械や設備の定期的なメンテナンスを怠らないことも、安全な作業環境を維持する上で欠かせません。工場の安全対策を継続的に見直し、改善していくことが、事故を未然に防ぎ、より良い作業環境を実現する鍵となるでしょう。

火災リスクに関するご相談がありましたら、ぜひお問合せください。

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter

CONTACT身の回りの防災対策
防災のプロ
任せてみませんか?

ボーサイナビットでは、あらゆる場所のリスクに対して当社の持つノウハウから
ベストな解決策をご提案します。ぜひともお気軽にご相談ください。